企業へ就職するために行う採用試験で、一番重要ともいえるのが面接試験となります。

面接の最後に応募者からの質問はないかと聞かれたときの対応

面接時に履く靴選びについて

面接の最後に応募者からの質問はないかと聞かれたときの対応 企業へ就職するために行う採用試験で、一番重要ともいえるのが面接試験となります。面接試験ではどれだけ自分自身をアピールできるかが重要となり、企業側にとっては働いてもらうのにふさわしい人かどうかを見定める必要があります。そのため試験の際には質問に対する受け答えといった対応のほかにも、服装なども細かくチェックされていることが多いです。その中でも見落としやすいのが靴になります。面接会場は自宅から近い場所ばかりではないので、遠いところであればついつい普段の歩きやすい履きなれた靴を選んでしまう場合も多いです。

確かに長時間歩く場合であれば歩きやすい靴を選ぶことは適していますが、面接試験の場合はそうではありません。面接時に適している靴というものがあるのでしっかりと選ぶ必要があります。男性であれば革靴を履くようにし、女性であればパンプスを履くのが基本となります。ブーツやサンダルといった靴は避けるようにします。特に女性はパンプスでもヒールの高い物は面接試験では不向きなどでヒールの高さなども注意すると良いです。また靴によっては革靴でもパンプスでも、音が響くものがありますがそのような靴も避けるようにします。どうしても長距離を移動する必要がある場合、移動用の靴と面接用の靴と分けて使い分けながら利用する工夫もできます。