面接官からの質問も一通り済んだ後には、今度は応募者の方から何か質問はないかと聞かれるのが普通です。

面接の最後に応募者からの質問はないかと聞かれたときの対応

面接の最後に応募者からの質問はないかと聞かれたときの対応

面接の最後に応募者からの質問はないかと聞かれたときの対応 面接官からの質問も一通り済んだ後には、今度は応募者の方から何か質問はないかと聞かれるのが普通です。会社側が応募者からの逆質問を求めるのは、自社への理解の程度を推し量ると同時に、その人の関心や興味がどの方に寄せられているのか、それまで話してきたことの中で何か必要な事柄が抜け落ちていないかを確認したい意図があるからです。

ここで「何もありません」と答えてしまうと、その応募者は仕事内容への関心や入社の意欲がないとして否定的な評価を受けてしまいます。質問はすべきですが、待遇面に関する事柄よりも会社や仕事に関する事柄の方が望ましいと言えます。しかし、ホームページや求人広告に記載していることを質問すると逆にマイナスになります。かと言って、企業秘密に関することにまで踏み込んだ内容や、面接官にとって担当分野以外の事項を質問することも避けるべきです。予め入念に企業研究をして幾つかの質問を準備しておき、面接の流れによってその中から適切と思われる質問をする方法もあります。

逆質問も終わった後は、面接を通じて応募先への理解が深まったこと、改めて入社したい気持ちが高まったことを伝えるようにします。相手に好印象を与える形で締めくくることがポイントになります。